東京セミナーのお話~特殊清掃は勉強が必要不可欠です

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は札幌市内でカビ除去の清掃・リフォーム、遺品整理、ゴミ部屋と見積もりが3件それぞれ違う内容でした。
お見積りは無料ですし、現地を見ないとアドバイス出来ないこともございますのでお気軽にご連絡下さい。

では、前日のブログの続きとなります。

11月11日 東京 『失敗しない特殊清掃の開業支援セミナー』

●『臭気の基礎知識・脱臭の原理と効果を上げるポイント』
㈱カイコーポレーション 臭気測定士 相馬 秀樹 氏

東京セミナー リライブル

脱臭マイスターの時にも勉強した内容ですが、何度聞いても役に立ちます。
ご依頼者に科学的アプローチをするには化学式や脱臭の方法、化学物質の知識などが必要となります。
信頼して頂くためには、どのような根拠をもって消臭をするのか理論武装をするのに役に立つ内容だと思いました。

●『特殊清掃の見積もり方法と提示の仕方 受注してからの具体的な作業方法と実例の紹介』
マインドカンパニー 鷹田 了 氏

東京セミナ-2 リライブル
遺品整理士業界での知名度は抜群の鷹田代表の講演です。
数年前から受講したいと願っていましたが、遂に念願かないました!
孤独死現場の消臭作業の実例を写真を見ながら説明して頂きました。企業秘密にしたい内容もあったと思いますが業界発展のために情報公開して頂いており、現場を知らない人達には大変勉強になる内容だと思います。

●『高性能脱臭機を使った新たなビジネスの提案』
㈱カイコーポレーション 代表取締役 細貝 利一郎 氏
東京セミナ-3 リライブル
普段、当社でも使用しているオゾン脱臭機のメンテナンス方法や使用時の注意など改めて勉強しなおしました。
一つ一つのパーツも高額なので故障しないようにメンテナンスをしっかりしないといけないと思いました。

現在、全国のトップ特殊清掃業者は殆どがカイコーポレーション様のオゾン脱臭機を使用しています。

オゾン脱臭機 タイガー、パンサー リライブル
この脱臭機はイスラエルからの輸入品ですし、代理店契約をしているのはカイコーポレーションだけですので細貝社長が居ないと脱臭機が簡単に手に入らなくなります。
自分でイスラエルまで行って購入するには今の金額の数倍かかるでしょうし、大変な手間がかかります。

そう考えると特殊清掃業界に無くてはならない人・会社だと改めて感じました。

社会インフラと同様でみんなに必要とされる企業になることが大切なのでしょう。

〇社会貢献~社会が必要とする仕事(困っている問題を解決する)
〇人に胸を張って誇れる仕事(仕事へのモチベーション)
〇喜んで頂ける上にお金をもらえる仕事(論語とそろばん)

これらの条件を揃える仕事として、特殊清掃は最適だと思っています。

セミナー後の懇親会の様子
%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90
一室貸し切りで写真には写っていませんがもう一列酒席がありますので30社ほどがセミナー後に参加されていました。

実際に起業して活躍されている企業もあれば、数回特殊清掃に携わった起業、全く経験がなくこれから参入する企業など色々な方が参加されていました。

これからますますこういった仕事は増えてくることが予想されますが、業界全体のレベルアップをしないと適当な作業をして法外の料金をとる業者も現れてきます。

よく遺品整理と同様に扱われることもありますが、遺品整理は比較的誰にでもすることが出来ますが、特殊清掃は専門の機械、専門の知識が必要となります。

適当なレベルであれば低スペックの機械を使っていたり、勉強不足の感は否めません。

廃棄するのと違い、技術力経験が差が出る業種ですので業者選定はよく吟味してからご依頼してください。

最後に

今回の東京出張で全国各地の業者さんと情報交換をしたり、交友を深めたりと大変有意義な2日間でした。

北海道企業はどんどん本州企業と積極的に関係をもち、切磋琢磨すべきと考えております。

東京に行くのに飛行機代、宿泊費、セミナー代、食事代諸々などで10万円近くの出費となりますが、それでも投資と思えばそれほど高い出費とは思いません。

いかに勉強して自分の『質』を高めることが出来るか?

もし、道内企業で私のお話を聞きたいと思う方がいましたらご連絡下さい。
礼儀を知らない人にはお話しませんが、今後ビジネスパートナーとしてお互いに成長出来るような方だと大歓迎です。

0120-669-920

当社の特殊清掃専用サイトもご覧頂けると幸いです
宜しくお願い致します。
特殊清掃.ASIA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。