「志」の高い同業他社さん向けの内容です。

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

お仕事の話ではなく、同業他社さん向けのブログ内容です。

当社が加盟させていただいている「一般社団法人家財整理相談窓口」という団体をご存じでしょうか?
余程の情報通ではない限り知らない方が多いと思います。
業者に選ばれた業者が集まる団体」というキャッチフレーズで業界健全化、活性化を推進しています。

家財整理相談窓口

発足してまだそれほど経過していないので加盟企業はそれほど多くはありませんが、全国の有名・有力企業が加盟していますので精鋭部隊の集まりです。

対して「一般社団法人遺品整理士認定協会」は各メディアにも取り上げられ有名になりましたが、どちらかというとこれから遺品整理をしたい、勉強として遺品整理士を取りたいという方(初心者)向けの資格ビジネスが母体なので実際に経験がない業者も加盟していますし、中にはそれほど評判の良い企業でなくても優良企業認定されていますので玉石混交です。
「遺品整理士」という資格を世に広げた功績は多大で会員数は1万人を越えましたので一大勢力です。

ちょっと話がそれてしまいましたが、昨日と今日と家財整理相談窓口の神野代表理事と藤田理事と一緒に行動させて頂きました。

詳細は理事会が終了していないので申せませんが、北海道の加盟希望事業者との面談(当社推薦の2社)、業務提携先との商談、新商材の紹介と多岐にわたり非常に充実した2日間を送りました。

「孤独死を防ぐための見守りサービスの普及活動」、「家財整理を保険で賄う方法」、「空き家有効活用するための地方自治体との連携」など徐々にではありますが、周知活動が効を奏してきてジワジワと浸透してきているのを実感します。

行政や大手団体との契約が動き出したら北海道内も忙しくなるでしょう!

家財整理相談窓口はしっかりと法令順守を行い、地元で評価の高い企業の集団です。

お金を払えば加盟出来たり、実績がなくても加盟できるような団体ではありません。
これは今後、他企業との差別化につながることになります。
この団体に加盟出来ること自体が家財整理業界のステータスとして認められるようになっていると思います。

北海道はそもそも活動エリアが広いため、例えば稚内、旭川、留萌、室蘭、小樽、函館、釧路、帯広、北見、網走・・・などに見積もりに行く場合、札幌市からだと移動だけでそれなりの時間と金額がかかってしまうため、各エリアを任せられる会社があると助かります。

各所にしっかりした企業がいればすぐに対応できますが、今のところ有力企業が選定出来ません。
「我こそは!」と思う業者さんがいましたら是非、ご連絡をいただけると助かります。
14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
現地面談を行う理事の旅費・宿泊費などはすべて自腹もしくは母体企業の自己負担で活動しているため、北海道に何度も気軽に来るわけにはいかないのです。
社団法人が会費で賄うということではありません。
ここがこの団体のすごいところですし、実際に利益を上げている会社でないと活動が難しいでしょう。

もし興味があれば理事会で加盟採否を行いますが、面談・現地視察(保有車両、使用道具、倉庫管理など)には1時間ほど時間を頂きます。

加盟条件としては・・・
1.法令を理解している、遵守している。(これが守れない業者が実は多すぎます)
2.家財整理に対する代表の想い。(金儲けがしたい、違反をしてでも儲けたいという方は絶対無理です)
3.技術や知名度、経験などが今は足りなくてもそれを補う「誠実さ」「成長力」がみられるか?

3が重要視されるところではないでしょうか?

今は小さい企業だとしても、全国に業界トップクラスの企業が居ますし、各会社に連絡をとり最新情報や道具などを無料で聞くことが可能です。
こういったことは企業機密にするところも多いのですが、オープンに教えてくれますので成長も早いでしょう。

最終的には「人間力」がしっかりした企業であれば問題ありません。

ただ、加盟したからといって安心は出来ません。
評判が悪かったり、問題を起こせば当然除名されます。
それくらい、団体内でもなれ合いではなく浄化作用を行う環境にあるようです。

もし、北海道企業で興味がある方がいらっしゃったらご連絡を下さい。
時間をみて、一度私が面会させていただき、紹介させて頂くことも可能です。
ぜひ、一緒に成長していける同志を募集しております!

メールでもお問合せ可能です。
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。